講師活動「理学療法士が伝える在宅サービスに必要なこと~役割と提案力~」

こんばんは、小田です!
本日は「理学療法士が伝える在宅サービスに必要なこと~役割と提案力~」をテーマに
リハビリテーション部 部長  理学療法士  梶原大輔氏が講師を務めさせて頂きました(^^)/

先ずは、西田会長よりご挨拶。

続いて、消防さんからの講義に続いて、梶原部長の出番。

90分間、在宅に必要な3つの○○力が伝えられたのではないでしょうか。

利用者さんのいつまでも我が家で暮らしたい、といった想いや、QOL、ADL向上の一助に。
主催のケアマネさん方のケアマネジメントの一助になれるよう今後も研鑽を積んで参ります。

安佐南区ケアプラン作成機関連絡会様、西田会長、お世話頂いたみなさんありがとうございました。
また、開始前に声をかけて頂いたKさん、Iさんありがとうございました!